購入者の声


パワーストーン天然石ショップ


石の豆知識
水晶の話
ターコイズの話
誕生石
プレゼント
店舗紹介
リンク集

 

パワーストーン天然石ショップ



おすすめ商品

携帯ページ

HOME»  石の豆知識6»  石の豆知識(6)

石の豆知識(6)

石の豆知識(6)

パワーストーン天然石の辞典

△石の豆知識インデックスへ

 

  ラブラドライト ラリマー ルチルクォーツ ルビー
  レピドクロサイト レピドライト ロードクロサイト ロッククリスタル
  ロードナイト ユナカイト ワーベライト  
 
14
ラブラドライト(曹灰長石)-LABRADORITE-
産地はマダガスカル共和国等。色は無色やピンク色、オレンジ色、青色などがあり、特に青灰色のものは特有のラブラドレッセンスと呼ばれる閃光を放ちます。層状組織の光の干渉とマグネタイト(MAGNETITE)「磁鉄鉱」のインクルージョンによる光の相乗効果です。フィンランドのユレマ地方で産出されるものはスペクトルの虹色を示すので、スペクトロライト(SPECTROLITE)とも呼ばれています。名前は最初に発見されたカナダのラブラドル半島にちなんでつけられました。月、太陽を象徴して根気と実行力を養い、信念を貫けるよう導く力があるとされています。
△石の豆知識インデックスへ | △ページトップへ
10
ラリマー -LARIMAR
産地はドミニカ共和国で、青く美しいペクトライト(PECTOLITE)「曹珪灰石」を呼ぶ現地名です。色は青色、帯緑色、明るいブルーなどがあり、条痕は白色です。半透明で、ガラス光沢ないし絹糸光沢をもっています。高度は低いのですが、靭性が大きいので加工に高度な技術を必要とします。愛と平和を表す鉱物とされています。
△石の豆知識インデックスへ | △ページトップへ
10
ルチルクォーツ(針水晶)-RUTILE QUARZ-
産地はブラジルで、名前はラテン語で「輝いている」を意味するRUTILUSからきています。 二酸化チタン鉱物の一種であるルチルが針状に入ったまま生成されたロッククリスタルです。
△石の豆知識インデックスへ | △ページトップへ
11
ルビー(紅玉)-RUBY-
産地はアフガニスタン、ミャンマー、スリランカ、タイ等で、名前はラテン語の「赤色」を意味するRUBEUSからきています。古くは「燃える石炭」と呼ばれ、ガーネット、スピネルなども含んだ赤い石の総称でした。現在では酸化アルミニウムの結晶であるコランダムのうち赤色のものをルビーと呼び、他の色をもつものはサファイアと総称されます。酸化クロムという金属原子が微量含まれることにより色は赤くなります。この赤色を不滅の炎に例えて、情熱や深い愛情に恵まれるとされています。又魔除けのお守りとして珍重されてきました。7月の誕生石です。
△石の豆知識インデックスへ | △ページトップへ
02
レピドクロサイト「鱗鉄鉱」-LEPIDOCROCITE-
ゲーサイトと同成分で同質異像鉱物です。色は赤色、赤褐色、橙赤色、褐色などで、金属光沢を持った半透明石です。名称はギリシャ語で鱗を意味するLEPIDOSと繊維を意味するKROKEに由来します。古くは「霊力」を高める石として崇められていました。
△石の豆知識インデックスへ | △ページトップへ
12
レピドライト(リチア雲母)-LEPIDOLITE-
産地はブラジル、アフガニスタン、マダガスカル、カリフォルニア、スェーデン等。マイカ(MIKA)の一種で、色は含有されたリチウムの作用でピンク色や赤紫色ですが、白色もあり条痕は無色です。名前はギリシャ語で鱗の意味のLEPIDOSに由来します。古くから「変革」の石と呼ばれ、新しい事への挑戦の時に身に着けると良いとされています。
△石の豆知識インデックスへ | △ページトップへ
12
ロードクロサイト(菱マンガン)-RHODOCHROSITE-
産地はペルー、アルゼンチンが主なので、「インカローズ」とも呼ばれています。名前はギリシャ語の「薔薇」を意味するRHODONと「色」のCHROMからきています。この石を身につけると、愛情に満たされ、傷ついた心を癒されると言われています。
△石の豆知識インデックスへ | △ページトップへ
13
ロッククリスタル(水晶)-ROCK CRYSTAL-
産地はブラジル等。クォーツ(QUARTZ)の無色透明なものを指します。古くは氷の化石化したものと信じられ、又清流の源で結晶原石がよく発見されたため「水精」と呼ばれ、それが語源とされています。昔から洋の東西を問わず世界各地で、浄霊、祈祷、宗教儀式などに用いられ、特に球状に磨いたものは、護符やご神体及び占いの道具として珍重されてきました。4月の誕生石です。
△石の豆知識インデックスへ | △ページトップへ
15
ロードナイト(バラ輝石)-RHODONITE-
産地はブラジル等。珪酸マンガン鉱物で、以前はパイロクシーン(PYROXENE)グループに属するとされていた為、日本名を「バラ輝石」と言いました。その後違うことが判りましたが、今でも「バラ輝石」の名で普及しています。色は普通淡紅色か深紅色ですが、帯褐赤色のものもあります。マンガンの多いものには黒い葉脈があります。名前はこの石の色から、ギリシャ語で「バラ」を意味するRHODONに由来します。愛情に満ちた人間関係を築きたい時に効果があるとされます
△石の豆知識インデックスへ | △ページトップへ
16
ユナカイト-UNAKITE-
産地は米国等。エピドート(EPIDOTE)「緑れん石」、フェルドスパー(FELDSPAR)「長石」、クォーツ(QUARTZ)「石英」などが集合した石です。色はエピドート部分は黄緑色、フェルドスパー部分はピンク色、クォーツ部分白色となり、チューライト(CHLORIE)「緑泥石」が入ると濃緑色になります。は名前は原産地のアメリカ、ノースカロライナ州のUNAKA山地の地名に由来します。
△石の豆知識インデックスへ | △ページトップへ
ワーベライト(銀星石)-WAVELLITE-
産地は米国等。放射状繊維構造の半球や球顆状集合体、皮殻状、鐘乳状、玉髄質の塊状で多く見られます。和名は「銀星石」です。、命名された当時ボヘミア産の無色透明な針状結晶がまるで打上げ花火が開いたように美しく集合した標本が出回っていたことによります。この鉱物はいろいろの色を帯びやすく、緑色、青色、黄色、褐色など様々です。現在多く出回っているのはアメリカ産の黄緑色のもので、名前と色が一致しなくなっています。英名は発見者の英国の医師W.WAVELLの名前に由来します。構想が壮大になり、夢と目標に向かって前向きの姿勢で挑戦していけるよう導く鉱物と言われています。
△石の豆知識インデックスへ | △ページトップへ

パワーストーン天然石の辞典

△石の豆知識インデックスへ